パパ活

パパ活して半年。ようやく出会えたパパ。そして、それから3年が経った頃
私はパパ活をしていた事に後悔しました。

パパ活して出会った私のパパは貿易会社で働く部長さんでした。名前は慎吾。私は慎ちゃんと呼んでいました。慎ちゃんとデートする日はいつもお小遣いを貰えて、私が専門学校の学費を親に頼らず1人で払っている事を伝えるとパパが週一回のデータを条件に代わりに払ってくれると言われました。優しいパパ。だから私はお言葉に甘えました。週一のデートで貰えるのも楽だと思っていましたがそのデートの終わりにはいつもHが付きます。正直、こんなおじさんとやるのは抵抗あったけれどお金のためにそれを受け入れました。ただ、一つ心配なことがありました。それは、ゴムを付けないでやっていること。
お金くれる人 募集

「種ないから平気だよ。生でやろう。」「でも、中には出さないでよ。」「もちろん。」慎ちゃんは60代平気かなと思っていましたが慎ちゃんと出会って3年後に妊娠してしまいました。学校は卒業してやりたかった就職に付けたのに妊娠になってしまい私はこの事を慎ちゃんに報告しました。すると慎ちゃんは「すまない。お金は払うから降ろしてくれ。」私はその言葉を受け入れましたが、慎ちゃんその日から連絡もなく、お金もくれず私は借金をしてなんとか中絶をしました。そして、私は妊娠しづらい体になりました。パパ活していた頃に戻れるなら戻りたい。自分に楽してお金を手に入れようと考えるなと言いたいです。
サティスファイヤ
クリトリス吸引